ドラマ仰げば尊し。第2話感想と真剣佑がやっぱり目立ってた。サックス演奏は本物か?

2016/07/17 よりドラマ仰げば尊しが始まりました。寺尾聰さん演じる教師と村上虹郎さんや真剣佑やさん演じる不良たちが音楽を通して心を通わせていくいわゆる熱血ドラマです。1982年の神奈川県立野庭高等学校(現・神奈川県立横浜南陵高等学校)にいらっしゃった中澤忠雄先生のエピーソドにもとづいた実話のドラマ化とのことで、見ていると胸が熱くなること必至です。今回は第2話の感想と、不良5人組の名場面について簡単にまとめてみたいと思います。

【関連記事】ドラマ仰げば尊し。第1話感想と真剣佑や村上虹郎などの不良5人組について

【関連記事】ドラマ仰げば尊し。第3話感想と真剣佑演じる木藤良の一人称は”僕”

【関連記事】ドラマ仰げば尊し。第4話感想と真剣佑も虹郎も5人みないい奴になった

【関連記事】ドラマ仰げば尊し。第5話感想と今後の展開は2つの葛藤(手術と留学)

【関連記事】ドラマ仰げば尊し。第6話感想と青島の後押しは木藤良に余計なお世話?スラムダンクで考察

【関連記事】ドラマ仰げば尊し。第7話感想と真剣佑演じるサックス奏者・木藤良の決断

【関連記事】ドラマ仰げば尊し。第8話(最終話)感想と元ヤンキー5人の勇姿について。一時が万事だし!

スポンサーリンク
レクタングル大広告

相関図

登場人物の相関図を載せておきます。本家ページはこちらです。

aogeba-toutoshi-chart

感想

第2話も熱かったですね~。あらすじを5行でまとめると

  • また5人で音楽をしたい安保が動く。吹奏楽やろうぜ!を青島にぶつける
  • 桑田と高杢も巻き込まれて安保、桑田、高杢の3人は吹奏楽部に入部
  • 青島は3人の気持ちをくみ取り、ケンカすることで吹奏楽部へ送り出す優しい人だった
  • それに気づく木藤良も優しいね
  • でも、粘着系の卒業生ヤンキー陣内に桑田、高杢がボコられ人質に。大ピンチで次週へ

といったところでしょうか。

今回は北村匠海さん演じる安保が大活躍でした。樋熊の説得に感化され心で動くようになるところが青春してていいですね!

青島の手の怪我以来、停まっていた5人の時間を内部から動かし始める重要な役割を果たしています。

筆者としては、やはり真剣佑さんが目立っていたように思います。5人で音楽をしていたころを思い出し、ひとり昔の練習場である倉庫でサックスを吹くシーンはカッコ良かったですね。

真剣佑さんといえば、撮影の合間に戦場のメリークリスマスを演奏する映像が話題になっていまいた。

ピアノが上手で、プロフィールによるとフルートも吹けるようですがサックスはどうなのでしょうか。リードのありなしや指使いなど楽器の構造もだいぶ違いますし、息使いも異なると思うので、ドラマ中でのサックス演奏は本物の演奏ではなかった可能性が高いと思います。

とは言え、フルートができるのであれば練習をすればそれなりい吹けると思うので、触りの部分だけは本物の演奏だったのかもしれませんね。

なお、むかつく卒業生ヤンキー陣内を演じられている役者さんは、高畑裕太さんです。女優・高畑淳子さんのご長男です。ご本人がおっしゃっている通り、この熱血ドラマの中でスパイスが効いた役柄で異常に気になったので、ここにシェアしておきます。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする