ドラマ仰げば尊し。第7話感想と真剣佑演じるサックス奏者・木藤良の決断

2016/07/17 よりドラマ仰げば尊しが始まりました。寺尾聰さん演じる教師と村上虹郎さんや真剣佑やさん演じる不良たちが音楽を通して心を通わせていくいわゆる熱血ドラマです。1982年の神奈川県立野庭高等学校(現・神奈川県立横浜南陵高等学校)にいらっしゃった中澤忠雄先生のエピーソドにもとづいた実話のドラマ化とのことで、見ていると胸が熱くなること必至です。今回は第7話の感想と、木藤良の決断についてまとめてみたいと思います。

【関連記事】ドラマ仰げば尊し。第1話感想と真剣佑や村上虹郎などの不良5人組について

【関連記事】ドラマ仰げば尊し。第2話感想と真剣佑がやっぱり目立ってた。サックス演奏は本物か?

【関連記事】ドラマ仰げば尊し。第3話感想と真剣佑演じる木藤良の一人称は”僕”

【関連記事】ドラマ仰げば尊し。第4話感想と真剣佑も虹郎も5人みないい奴になった

【関連記事】ドラマ仰げば尊し。第5話感想と今後の展開は2つの葛藤(手術と留学)

【関連記事】ドラマ仰げば尊し。第6話感想と青島の後押しは木藤良に余計なお世話?スラムダンクで考察

スポンサーリンク
レクタングル大広告

相関図

登場人物の相関図を載せておきます。本家ページはこちらです。

aogeba-toutoshi-chart

あらすじ

第7話のあらすじです。

  • 地区予選突破、県大会出場!
  • でも樋熊先生のすい臓がんは病状が悪く手術へ。指揮は娘の奈津紀が引き継ぐ。
  • 生徒たちは、先生のためにも頑張ろう、と心を一つに
  • 一方、留学を目指すために吹奏楽部を抜けた木藤良は、とっても悩んだけど、やっぱり先生への恩返しのためにも一緒に全国を目指したい!
  • ってことで県大会本番数分前に、「やっぱり僕も仲間に入れて!

木藤良の決断

第6話の感想↓で

ドラマ仰げば尊し。第6話感想と青島の後押しは木藤良に余計なお世話?スラムダンクで考察

筆者は次のように書きました。

きっと青島が言いたいこと、というかこのドラマで言いたいことは、吹奏楽部の活動よりも留学の方が大事、ということではなくて、迷う気持ちを断ち切って断固たる決意をもって進め、ということなのだと思いました。

(略)

木藤良も迷っている状態で吹奏楽部の活動を続けるのではなく、いまこれをやりたいからやる!と決断をしないといけない(ある意味、酷な話ですがドラマなので)ということですね。

今週はまさにこの断固たる決意をするための回でした。

留学のためのレッスンを受けるきとら。

こちらで考察した通り、本当の演奏ではないとは思いますが、真剣佑さんのサックス演奏姿も様になっています。

WS000120

先生の病気の話を聞いて、恩返しのために県大会に一緒に出たいと言いだす木藤良。

WS000086

でも、青島は認めません。プロになるのが先生の恩返しだと突っぱねます。

WS000092

5人組の他のメンバーの気持ちもそれぞれです。

安保は、県大会で恩返ししたい気持ちも分かる、といい

WS000097

桑田は、自分には持っていないものをもっている木藤良には留学に専念してもらいたい、と言います。

WS000098

そして、高杢は木藤良に一日だけでも戻ってもらいたい、と想いを吐き出します。

WS000104

とても感動的なシーンだったので動画も貼り付けておきます。太賀さんは、このドラマのムードメーカー的な役をとてもうまく演じられていますよね。

何にしても、木藤良に中途半端な気持ちで戻ってくるな、と青島は一蹴します。

WS000106

その後も迷い続ける木藤良ですが、樋熊先生の次の言葉を思い出します。

何かに迷った時は 自分の心と向き合うんだ

自分の心に 素直に従えばいいんだよ

WS000148

そして、今やりたいことは吹奏楽部のみんなと全国を目指すこと!という自分の心に従い、コンクール会場に走ります。

WS000150

演奏直前に会場にたどり着き「一緒に吹かせてください」とお願いします。

WS000165

とうとう青島も木藤良の決意を感じ取り、参加を認めます。

WS000171

地区大会前から演奏に参加しておらず、本番前のリハーサルにも参加していない木藤良が、ぶっつけで参加して良いのか?と、突っ込みたくなるところではありますが、ここはドラマだからご愛嬌ですね。

最終回の予想

留学に関しては、

ドラマ仰げば尊し。第5話感想と今後の展開は2つの葛藤(手術と留学)

で予想した通りでしたが、手術に関しては今回あっさり進展しました。

本家ページの最終回予告によると、県大会を突破し関東大会に出場するようですが、樋熊はステージ立つことが出来ないようです。

筆者の予想ですが、

離れていても心は一つ

という言葉が多く登場するこのドラマですので、樋熊先生はこのままステージに上がることなく逝かれてしまうのではないかと思っています。

ボイスレコーダーに、一人ひとりへのメッセージを残し、それを生徒が涙を流しながら聞き演奏に臨む、という流れはどうでしょうか。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする