映画「君の名は。」を子供と見に行けるのか?

新海誠監督の映画「君の名は。」が話題になっています。

アニメだし子供と見に行っても良さそうだけど、一方で子供向けでもないし、どうなんだろう、という微妙ならラインの映画でお悩みの方も多いと思います。

今回は、「君の名は。」が子供向きかどうかをまとめつつ、子供と見に行かないほうが良いたった一つの理由を述べたいと思います。

【関連記事】映画「君の名は。」を見てないあなたが知ったかぶりするための3つのポイント

【関連記事】君の名は。が大ヒットの新海誠監督のCMまとめ

【関連記事】RADWIMPS前前前世の歌詞の違いまとめ。劇場ver、movie ver、original verの3つが存在する?

スポンサーリンク
レクタングル大広告

内容的には大丈夫

内容的には問題ありません。不適切なシーンもなく、新海監督の美しい背景描写を十分に楽しむことができます。

一方で、子供向けの作品ではないので多少難しいところもあり、内容を完全に理解するというのは小学生あたりには辛い内容にも思います。

ただ、子供に背伸びをさせる、という観点では十分におすすめできる内容かと思います。

※ 同じような意見のこちらのページもぜひ参考になさってください。

子供と見に行けない理由

しかし、一方で「子供と見に行かない方が良いたった一つの理由」があります。

それは、

本編前の予告

に問題があるからです。

何の映画の予告かというと2016年9月17日公開の「怒り」です。

妻夫木聡さんと綾野剛さんがゲイという設定で、なんと2人のキスシーンが予告映像に流れます。

twitterでも、気まずいといったコメントが多数流れています。

言い換えれば、予告が流れている時間は入場しなければこの気まずさを回避できるので、ぜひ参考にしていただければと思います。

まとめ

もったいぶって話してしまいましたが、「君の名は。」は子供が見ても問題がない映画ですが、タイトルそのものが子供向けではないため予告映像には不適切なシーンが流れることがあります。

このあたりも考慮して、お子様と映画を見に行くスケジュールを立ててくださればと思います。

※ 補足

遅ればせながら、10月はじめに見てきました。

うーーん、小学低学年の息子といくのは厳しい内容かなと思いました。内容が息子にとっては退屈な気がします。

シンゴジラは息子と一緒に行き、こちらは息子とは行かなかったのですが、正解だったかなと思います。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする