ドラマ仰げば尊し。第8話(最終話)感想と元ヤンキー5人の勇姿について。一時が万事だし!

2016/07/17 よりドラマ仰げば尊しが始まりました。寺尾聰さん演じる教師と村上虹郎さんや真剣佑やさん演じる不良たちが音楽を通して心を通わせていくいわゆる熱血ドラマです。1982年の神奈川県立野庭高等学校(現・神奈川県立横浜南陵高等学校)にいらっしゃった中澤忠雄先生のエピーソドにもとづいた実話のドラマ化とのことで、見ていると胸が熱くなること必至です。今回は最終話の感想と、第4話ぐらいまでは問題児だった5人の元ヤンキーのカッコいい言動についてまとめてみたいと思います。

【関連記事】ドラマ仰げば尊し。第1話感想と真剣佑や村上虹郎などの不良5人組について

【関連記事】ドラマ仰げば尊し。第2話感想と真剣佑がやっぱり目立ってた。サックス演奏は本物か?

【関連記事】ドラマ仰げば尊し。第3話感想と真剣佑演じる木藤良の一人称は”僕”

【関連記事】ドラマ仰げば尊し。第4話感想と真剣佑も虹郎も5人みないい奴になった

【関連記事】ドラマ仰げば尊し。第5話感想と今後の展開は2つの葛藤(手術と留学)

【関連記事】ドラマ仰げば尊し。第6話感想と青島の後押しは木藤良に余計なお世話?スラムダンクで考察

【関連記事】ドラマ仰げば尊し。第7話感想と真剣佑演じるサックス奏者・木藤良の決断

スポンサーリンク
レクタングル大広告

相関図

登場人物の相関図を載せておきます。本家ページはこちらです。

aogeba-toutoshi-chart

あらすじ

最終話のあらすじです。

  • 県大会も突破し関東大会へ
  • 樋熊先生は摘出しても無駄と判断され手術失敗、余命半年へ
  • 関東大会の指揮も振れる状態ではなかったが高杢が無理やり当日連れたので振っちゃった
  • でも、全国大会は無理でした
  • 樋熊先生は逝き、井川率いる後輩たちは1年後へ全国大会へ
  • 木藤良は留学中、青島は音楽教師を目指しています

5人の元ヤンキーがカッコ良かった

本題に入る前に、ひとつだけ。

いや~完全に予想を裏切られました。樋熊先生は指揮を振ることなく逝ってしまい、でも感動的なメッセージが一人ひとりへ、という展開を筆者は予想していたのですが、まさか振るとは。

関東大会の本番を、外出許可も降りてない数日前まで歩くリハビリを行っていた先生が12分間も振るとは、、、しかも前回の木藤良と同様にノー練習で振るとは予想できませんでした。

でも、心残りを残すことなく(しいて言えば樋熊先生と全国大会出場)やれることは全てやってから逝く、というドラマだったのでスッキリしましたね。

さて、本題に戻ります。

最終話は元ヤンキーの5人が、吹奏楽部を支えるさまが非常にカッコ良かったです。

樋熊先生の手術が失敗したことを知った5人。

先生に広い世界を見せてやろうといつもの浜辺で決意します。

aogeba-toutoshi-episode08-22

そして、手術失敗で動揺する吹奏楽部を励まします。

aogeba-toutoshi-episode08-29

aogeba-toutoshi-episode08-30

aogeba-toutoshi-episode08-31

「~~だし」の高杢(大賀さん演じる)は最後まで良い味出していました。

樋熊先生を関東大会の会場に無理やり連れだしてきます。下記のやり取りは最高でしたね。

aogeba-toutoshi-episode08-57

高杢:先生、連れて来ちゃったし

安保:一時帰宅はだめって言われてただろ

高杢:これは一時帰宅じゃねえし、一時が万事だし

そして演奏中の勇姿。

aogeba-toutoshi-episode08-72

aogeba-toutoshi-episode08-73

aogeba-toutoshi-episode08-74

aogeba-toutoshi-episode08-79

aogeba-toutoshi-episode08-82

結局全国大会にはいけませんでしたが、樋熊先生と演奏できて最高のステージだったはずです。みなこれが樋熊先生との最期の演奏になることを分かっています。

最期の別れ際の青島の

またな

の発言は超感動的でした。

aogeba-toutoshi-episode08-111

お互いに”また”がないことを分かっていてのこのやり取りは涙なくしては見られませんでした。

本記事も、真剣佑さんの「みんな、またね」で締めておきます。

aogeba-toutoshi-episode08-128

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする