ドラマ重版出来。黒木華が柔道の練習に費やした時間は?

2016年4月13日からTBS系列で「重版出来(じゅうはんしゅったい)」というドラマがスタートしました。黒木華(くろきはる)が演じる新米編集者・黒沢心を中心に、コミック雑誌の編集部の奮闘を描くドラマです。元柔道五輪代表候補だった心が、前向きな姿勢で物事に取り組むとても明るいサクセスストーリードラマです。今回は、黒木華さんが取り組んだ柔道の練習についてまとめてみたいと思います。

【関連記事】黒木華がアーチェリーでど真ん中。オールスター感謝祭2016

【関連記事】ドラマ重版出来。ボーダー柄を着こなす安田顕、服のブランドは?

【関連記事】ドラマ重版出来。小料理屋おかみ野々すみ花の和服姿が似合う理由とは

【関連記事】ドラマ重版出来。劇中漫画家と”中の人”漫画家まとめ

なお、TBSオンデマンドで最新話を1週間無料で視聴できるので見逃している方はお早めに。

スポンサーリンク
レクタングル大広告

登場人物 相関図

簡単なドラマの人物相関図を引用しておきます。

柔道の練習は2015年10月から

黒木華さんは、昨年10月から猛練習を開始しているそうです。

黒木は本作への出演が決まった昨年10月から柔道場に通い猛練習を開始。師匠やその家族と親睦を深め、背負い投げなどの技はもちろん、礼儀やメンタル面についても一から学んできたという。黒木自身、剣道の経験もあり、「姿勢も良く、筋もいい!」と初めから師匠は大絶賛。撮影が始まってからも柔道の練習は続き、ついに迎えた本番。約半年に及ぶ練習の成果を発揮して、次々と大技をさく裂させた!

週刊テレビジョン2016年4月15日号より引用

女優さんはさすがですね!TVを見ていても背筋がぴんとしていて姿勢がよいとは思っていたのですが、その理由は剣道だったのですね。黒木さんはたしかに剣道がとても似合いそうな感じがします。

漫画「重版出来!」の編集担当をされている方のtweetによると、黒木さんの柔道技はとても上手なようです。黒沢心のように元オリンピック候補だった実際の柔道選手が言っているのですごいですね。

ドラマの柔道部は日体大

ドラマで柔道部の練習や食堂での食事風景が出てくるのですが、それは日体大で行われています。

第1話でカレーを食べているシーンがありましたが、実際の日体大の学食についての記事がありました。メガ盛りすごいですね。食べてみたい。

当然といえば当然なのかもしれませんが、エキストラとしても日体大の方々は出演されているようです。

まとめ

「黒沢心は元柔道五輪代表候補」はドラマ重版出来の重要な設定の一つです。それを違和感無く表現するために黒木華さんや、スタッフさんが努力と工夫をされていることが分かりますね。ドラマ重版出来に今後とも注目していきたいと思います。

続報です。黒木さんは小熊こと黒沢心を演じるために体重を増やすことも取り組まれていたようです。さすが女優さんですね!

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする