ドラマ重版出来。第1話で見つけたこだわり設定・ネタについて

2016年4月13日からTBS系列で「重版出来(じゅうはんしゅったい)」というドラマがスタートしました。黒木華(くろきはる)が演じる新米編集者・黒沢心を中心に、コミック雑誌の編集部の奮闘を描くドラマです。元柔道五輪代表候補だった心が、前向きな姿勢で物事に取り組むとても明るいサクセスストーリードラマです。今回は、第1話にこだわりの設定や小ネタについてピックアップしてみたいと思います。

【関連記事】黒木華がアーチェリーでど真ん中。オールスター感謝祭2016

【関連記事】ドラマ重版出来。ユーレイさん坂口健太郎登場の書店、ロケ地と時期は?

【関連記事】ドラマ重版出来。ボーダー柄を着こなす安田顕、服のブランドは?

【関連記事】ドラマ重版出来。黒木華が柔道の練習に費やした時間は?

【関連記事】ドラマ重版出来。永山絢斗は新人漫画家役。登場回はコミティアも

【関連記事】ドラマ重版出来。劇中漫画家と”中の人”漫画家まとめ

なお、TBSオンデマンドで最新話を1週間無料で視聴できるので見逃している方はお早めに。

スポンサーリンク
レクタングル大広告

登場人物 相関図

簡単なドラマの人物相関図を引用しておきます。

三蔵山先生の漫画はゆうきまさみが執筆

ドラマ内の大御所漫画家三蔵山先生の作品「ドラゴン急龍」は、パトレイバーで有名なゆうきまさみが執筆しています。

ゆうきまさみさんが撮影スタジオに関するtweetをされているのでそちらも引用しておきます。

なお、今後ま藤子不二雄Aさんなど有名な漫画家による執筆が続々と登場するそうです。ゆうきまさみさん含め総勢7名とのことですがオンエアまで秘密だそうで、楽しみですね。

小日向さんの若かりし頃

三蔵山先生の若い頃の写真は、演じている小日向文世さんの若い頃の写真が使用されています。

デイリー新聞で虎の尻尾

編集長が読んでいるデイリー新聞は、本物と同様に阪神が勝利した日はデイリーの「-」が寅の尻尾になっています。

なお、第1話で「ゴメスタイムリーで2-1」という試合があったことが確認されていますが、ここから2014年の設定という考察をされている方もいます。

まとめ

細かなところまで細かな設定でドラマが作られているので、前向きなサクセスストーリーの明るさをさらに際立たせているのかもしれません。重版出来、今後の展開が楽しみです。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする