英EU離脱の投票率が高かった割に投票後にEUとは?をググる人が多かった理由

現地時間の2016/06/23に、英国で行われていた国民投票で、EU離脱が残留を上回り、英国のEU離脱(いわゆるBrexit)が確実となりました。今回は投票率は、その内情について簡単にまとめてみたいと思います。

【関連記事】ブレないTV東京。イギリスのEU離脱でも美味しいスパゲッティを放送

【関連記事】英EU離脱。2016サミットでの安倍首相の予言が的中(結果論)

【関連記事】英EU離脱。そもそもなぜ国民投票をしたのか理由・経緯まとめ

【関連記事】英EU離脱。日本の若者が今後すべきこと

【関連記事】英EU離脱派が勝利。離脱は本当に実現されるのか

【関連記事】英EU離脱。すでに移住しているEU市民(非英国人)はどうなるのか?

スポンサーリンク
レクタングル大広告

投票率は高い

NHKの英国民投票 EU離脱派が勝利の記事によると72.2%のようです。

今回の国民投票の投票率は72.2%と去年5月の総選挙の66.1%を大きく上回り有権者の関心の高さを示すものとなりました。

ちなみに日本の場合、平成26年にあった衆院選は52.66%です。平成21年の民主党への政権交代があった選挙でも69.28%なので、今回のイギリスの国民投票の投票率の高さがうかがえます。

EUって何?を投票後にググる理由

ところが驚愕なのは、こちらの記事のタイトルの通り、

理性じゃない。イギリス国民投票、EUからの脱退を決めた投票後に英国民は”EUとは何か”をググっていた。

EUとは何かを投票後からググっていたという結果が出ています。

なんていい加減な投票なんだ、と思うかもしれませんが、これはそうではありません。

今回の国民投票は、EU離脱 vs EU残留 の投票でしたが、これは、

  • 高齢者(離脱) vs 若年者(残留)
  • 地方部(離脱) vs 都市部(残留)
  • 労働者階級層(離脱) vs 中上流階級層(残留)

とも言われていました。つまり、今回の離脱の結果は、貧困でいつも不満を抱えている人たちが、エリート階級に対してその不満をぶつけた、という内容に他ならないのです。

これは筆者の推測ですが、不満をぶつけるためのその題材がたまたまEU離脱だっただけだったのではないでしょうか。

投票前までは、エリート階級に負けるか、という思いのみだった人たちが、離脱処理を受けて、真剣にEU離脱で何が起こるかを調べ始めたのかもしれません。

米トランプ人気との共通点

最近のアメリカのトランプ人気を見ていても、

  • エリートの言いなってたまるか(ポピュリズム
  • 国際的な観点(グローバリズム)よりも、我が国の利益や伝統を優先するべき(ナショナリズム

が流行り始めているように感じます。感情的な側面が強いと思いませんか?このような思想はいつの時代も必ずあるのですが、最後はエリートが考えるある種の理性的な仕組みやグローバリズムが勝ってきていました。

ところが、トランプ人気や英EU脱退は、感情的な思想が、理性的な思想を上回ってしまったのです。

超エリートの富裕者層が行っているマネーゲーム(レバレッジをかけた株式投資などに代表される)に踊らされている世界経済が徐々に行き詰まりを感じ、世界が徐々に変わり始めている兆候なのかもしれません。

最後に、有識者のtweetを引用しておきます。

こういった流れを受けて、さらにエリート vs 非エリートの対立が深まる可能性もあります。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする