PerfumeのMステ ウルトラフェス2016が凄い!オプティカルイリュージョンとは?簡単に解説

2016年9月19日に放送されたMステ ウルトラフェス2016にPerfumeが登場しました。

そのパフォーマンスがものすごかったのでまとめておきたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル大広告

Spending all my timeとオプティカルイリュージョン

Perfumeが披露した曲は「Spending all my time」です。

見づらいですが、YouTubeにあがっていた動画も貼り付けておきます。

番組内でも述べられていますが、

  • 演出・振付家のMIKIKO
  • デジタルクリエーター集団のライゾマティクスリサーチ

とともに、ウルトラFES向けの「Spending all my time」を披露していました。

これがもう凄まじくて言葉を失いました。

新技術のオプティカルイリュージョンを駆使してと言われていましたが、下記のtweetにもある通り、

「オプティカル・イリュージョン」という単語でググると、要は錯視などを含む目の錯覚を利用した映像表現のこと、としか分かりません。

イメージとしては次のような動画にある原理を映像表現で駆使している感じですね。

これだけだと、今回のパフォーマンスでは具体的にどこが凄いのかよく分かりませんので、筆者なりに解説してみたいと思います。

オプティカルイリュージョンのどこが凄いのか?

今回のパフォーマンスですが、次の3つのことが組み合わさっているのが凄いのだと推測されます。

2面のLEDパネルが1面に見えるように計算して映像表示している

2面のLEDパネルとは、Pefumeの後ろにある垂直のものと足の下にある水平のもののことです。

1面に見えるようにするには、”ある地点から”という制限が必要になるのですが、今回のパフォーマンスではカメラ位置からになります。

これは、ある位置からは意味を持った絵に見えるように作るトリックアートのような感じだと思ってください。

カメラ位置に応じて表示を変え物体があるかのように見せている

次の動画のようなイメージです。

この動画では、カメラの位置に応じてPCのディスプレイに表示する映像を変化させ、ディスプレイの中にあたかも立方体が存在するように見せています。

さらにリアルタイムに表示を微調整している

微調整をしているのはPerfumeか、ライゾマティクスリサーチの方々か、もしくはその両方です。

あくまで推測なのですが、あのピカピカ光る映像の中では、Perfumeの動きにも若干の誤差もありそうですし、そうなってもカメラから見て映像に破綻がないようにある程度の微調整はしているのではないかと推測されます。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする