TV番組テロップの”て”が”T”に見えるフォントについて

最近TV番組を見ているとテロップに次のような文字が登場します。

te-or-T

何の文字か分かりますか?今回はこの文字について調査したのでまとめてみました。

スポンサーリンク
レクタングル大広告

テロップにたびたび登場

te-or-T-full

本記事のタイトルにもあるので、すでにお分かりかと思いますが、先ほどの文字は平仮名の”て”です。中から変な液体が出”て”くる。”T”にも見えますよね。

このフォント最近TV番組でよく見かけるのでとても気になっていたので調べてみました。

フォント名はくろかねEB

フォントワークスさんのフォントストーリーというページをヒントにググって発見しました。”て”が”T”に見えるフォントの名前は「くろかねEB」です。試し書きができるサイトで実際に確認しました。なお、EBはExtra Boldの略です。

kurokane-trial

フォントストーリでは、このようなフォントが選ばれるようになった理由が分かりやすくまとめられています。

テレビ番組のテロップも、近年では、ただ文字情報を伝えるためのものから、臨場感や空気感、心情などをより分かり易く伝える手段としてその使用方法も多様化されました。
テロップで使用される書体も、バラエティ豊かなデザイン書体はもちろん、明朝体・ゴシック体でもメーカーやスタイル、ウエイトから厳密に選定し、よりその場面にあう書体を使用されることが多くなりました。

羽鳥さんの画像は日テレの番組なのですが、くろかねEBがすでに2015年ごろから多用されるようになっていたようです。

くろかねフォントとは

くろかねはスマホゲームアプリのパズドラで使われているフォントです。

作者は大崎 善治さんというフォントデザイナーで、こちらのサイトで詳しく大崎氏が解説されています。一部抜粋を引用します。

(略)

スマートフォン向けのアプリケーションに「くろかね」をご使用いただいている。これはCMでもよく見かけるので、ご存知の方は多いかもしれませんね。
タイトルのような短い文章によく似合うかもと思って作った「くろかね」ですが、それだけに留まらず、表示されるテキスト全般に使ってもらっているということにびっくりしましたし、本当に嬉しかったです。ネット上でフォント名が検索されるようになったのも、このアプリで使われている影響が大きいのかなと思っています。

(略)

最後は苦行といっても過言ではないくらいの思いで、5年かかって完成まで辿り着きました(笑)。

(略)

「くろかね」は、最近生活していると自然に目に入ってくるくらいにまで使って頂いて、ほんとに嬉しい限りです。まさかこんなになるとは思っていなかったので、ほんと、自分でもびっくりです。

パズドラへの採用をきっかけにブレイクし、今では色々なところで見かけるフォントになったようですね。”て”をほんの少しだけ修正してもらえないでしょうか(笑)

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. warmman より:

    どう見ても「て」が「T」に見えてしまう。
    根本的に間違った変形の方法であり、テレビのテロップなどで見る度に気分が悪くなる。
    マスコミの低俗さに似合っているのかも知れないが。
    ここまで来ると一線を越えてしまったとしか思えない。

  2. takosuke より:

    仰る通り、見る度に不愉快になります。採用する側のセンス字体です。

  3. アステカの星 より:

    鹿児島県のマスコット「ぐりぶー」が躍る「ぐりぶーダンス」の動画の
    歌詞にこちらのフォントが使用されています。
    http://greboo.com/greboodance/