石田三成CM第2弾は一気に6本公開。制作者についてまとめてみた

3月27日といえば、「みつな(327)り」の日、ということで滋賀県が石田三成CMの第2弾を公開してきました。今回はなんとあのクオリティで6本も量産し、質x量の両方でたたみかけてくる戦法を取っています。

今回はこれについてまとめてみたいと思います。

【関連記事】石田三成CMが話題。滋賀県の狙いとは?

スポンサーリンク
レクタングル大広告

石田三成CM第2弾公開

まずはこちらをご覧ください。

シャンプーのCM風、過払い請求相談CM風、行楽地CM風、会計ソフトのCM風など今回もローカル番組を意識した非常にシュールな出来となっています。

前回の記事に書いたとおり、滋賀県のPRの一環として滋賀県に公式に作っているもので、最終的な狙いはネットでの拡散による、滋賀県の好感度・認知度の向上になります。

このクオリティとこの物量作戦で、筆者の中でもなぜか滋賀県の好感度がアップしている気がします。

制作者の藤井亮さんについて

このCMは藤井亮(ふじいりょう)さんというクリエイターが制作しています。

藤井亮さんに関するプロフィールはざっくりまとめると、武蔵野美術大学卒の(自称インチキ)広告クリエイターで多数の受賞経験あり、という方です。

アートディレクター、CMプランナーとして労働中。武蔵野美術大学卒。
ゆるくてアホな広告作りで、カンヌ国際広告祭やACC賞、ギャラクシー賞など、 国内外の賞を受賞。

ポニーキャニオンNEWSの連載記事より引用

インチキ広告クリエイター。最近の仕事…. PiTaPa『記憶イラストリレー』三戸なつめMV『前髪切りすぎた:落書き篇』赤城乳業『BLACK』/金鳥『サンポール』/大阪府警ポスター/造船番長・造船係長/漫画『クリごはん』コマフォト誌『珍夢日記』WEB連載中。 漫画と格闘技好き。

藤井亮さんのtwitterプロフィールより引用

代表的な作品を下記にリストしておきます。

三戸なつめMV『前髪切りすぎた:落書き篇』

サノヤス・ヒシノ明昌 TVCM 「造船番長」篇

武蔵野美術大のページによると、この作品でカンヌ国際広告祭PR部門銀賞を受賞をされたようです。

PiTaPaの『記憶イラストリレー』

PiTaPaの『記憶イラストリレー』の企画をされ、4人目として参加もされています。

まとめ

石田三成CMが圧倒的なB級クオリティ感を実現出来ているのは藤井亮さんという一流のクリエイターが本気で作っているからということがお分かりいただけたかと思います。

3月31日には、滋賀県が石田三成への想いをつづった動画を、ポータルサイトで公開する予定とのことで、こちらも必見ですね。

4/1追記

非常にまじめな動画が3/30に公開されています。

追記ここまで。

なお、石田三成×滋賀県の公式ページでは、「秒速で1億円稼ぐ武将 石田三成」というコラムも公開されており、こちらもぜひチェックしてみてください。前半はふざけているのでウザイですがw、「4.どんな人が石田三成を演じてきたか」あたりから読みごたえありますよ。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする