赤ちゃんを泣き止ませる3つの方法

世の中には赤ちゃんを泣き止ませるための方法が氾濫しています。色々と試した筆者の子育て体験に基づいて、それらの方法をシンプルに3つに整理しました。

【関連記事】泣く赤ちゃんを放置する際の放置時間など気をつけるべきこと

【関連記事】赤ちゃんにお勧めのおもちゃは…一切ない!

スポンサーリンク
レクタングル大広告

泣き止ませるための3つの方法

おそらく次の3つに大別されます。数字が小さいものほど効果が大きいです(私見です!)。

  1. 身体を攻める
  2. 聴覚を攻める
  3. 視覚を攻める

身体を攻める

  • おっぱいをあげる
  • 抱っこしてゆらゆら

が古来よりある定番です。

ちなみに、抱っこしてゆらゆらは、泣き止んで眠った赤ちゃんをベッドに置いた瞬間泣き再開、というあるあるネタを皆さんお持ちかと思います。

聴覚を攻める

よくネット上で転がっている情報に

  • お母さんのお腹にいたときの音に近いものを聞かせる

というものがあります。ビニールをシャカシャカさせる音や、そのものの録音を聞かせるといった手法になります。

ビニールかさかさ

胎内音動画

視覚を攻める

皆さんの心をほっこりさせるために、子供が大笑いしている動画を貼り付けておきます。もらい笑いする可能性もあります。筆者の子供の場合、この動画自体が泣き止ませ効果がありました。

紙を破る(これは同時に聴覚も攻めていますね)

踊る

バナナを切る?

おまけ:赤ちゃん(乳児)から幼児になると…

水遊びや、”うんち”や”おしっこ”に代表される意味不明なフレーズネタが鉄板になってきます。どんなに機嫌が悪くてもこれで一発で解決します。

水遊び

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする