IQ246第5話感想と小ネタまとめ、ATARUネタ多い。ぷっくりディーンも

2016年10月16日より、ドラマ「IQ246」が始まりました。推理モノのドラマとして非常にテンポが良くまたところどころにさまざまな小ネタが仕込まれていて面白いです。

今回は、第5話の感想と久々に多かった小ネタについてまとめておきたいと思います。

【関連記事】IQ246第4話感想。なぜグレープフルーツを置いた?などの疑問点を解決

【関連記事】IQ246第6話感想と小ネタまとめ、演出・木村ひさしで圧倒的な小ネタ量

スポンサーリンク
レクタングル大広告

相関図

記事を読みやすくするために相関図を載せておきます。本家ページはこちらになります。

iq246-chart

感想

ざっくりいえば、アナフィラキシーショックとエビせんとパラメトリックスピーカーを用いて引き起こした殺人を沙羅駆が見抜くという内容でした。色々と疑問が残ったのですが、最大の疑問は

  • エビせんを食べさせたこととパラメトリックスピーカで蜂の音を聞かせたことで罪に問うことはできるのか?

ということでした。

あとはなぜ成宮さんがスピーカーを回収しに行ったのかも疑問でしたが、まあドラマなので細かいことは気にしないでおきます。

小ネタ

今回も演出は木村ひさしさんではありませんでしたが、小ネタが多く散りばめられていました。

ATARU

twitterでまとめてくれているのを発見したのでありがたく引用。

逃げ恥コラボ?

逃げ恥アカウント自らtweet。

相棒

成宮さんも出演し、相棒キャストが多かった回でした。

成宮さんが「相棒」と発言するシーンもありましたね。

おまけ:ディーンフジオカのほっぺぷっくり

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする