富士山スイーツ。水道水で作ったゼリー発見。水道水である理由は?

富士山のふもとの街、富士吉田では水道水で作ったゼリーが売られています。

富士吉田では名物が「富士山と水道水」といわれるぐらい水道水が有名で、これをゼリーにして売られているようです。今回は、これについて紹介したいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル大広告

富士山水ゼリー

その商品は「アーヴェントの富士山水ゼリー」です。

原材料は「上吉田の水道水」と砂糖とゲル化剤だけと、まさに水道水押しの商品です。

water-jelly-ingredien

富士山の水ゼリーの原材料

なぜ富士吉田の水は美味しい

富士吉田の水がなぜ美味しいかについては、山梨県富士吉田市のHPに詳しく解説されています。

ふじよしだの水は、富士山に降った雨や雪が長い年月をかけて、自然のろ過器によりろ過され、地中のミネラル分を適度に吸収した軟水である。天然のミネラル水であり、地下から汲み上げるため、水温が一年を通して約10度から13度と夏は冷たく冬は暖かく飲みやすく、きれいであるので少量の塩素消毒ですむため、安全で美味しい水であります。

山梨県富士吉田市のHPより引用

上記、ゼリーを売っているアーヴェントさんの商品紹介ページにも

富士吉田市上吉田地区に水源をもちPH値7.8、硬度38、年間平均水温10度とお菓子作りに、お茶やコーヒー等に最適のやさしいお水です。

と記載されています。

ゼリーとして売り出すだけの価値がある水ということですね!

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする