真田丸の佐助55歳に隠された本当の意味

NHKの2016年大河ドラマ「真田丸」が12月18日に最終回を迎えました。三谷幸喜さんが最終回に持ってきた笑撃じゃなくて衝撃の事実、佐助(藤井隆さん演じる)が55歳だったことに日本がざわついているので、その裏に隠された本当の意味をまとめておきたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル大広告

佐助55歳

信繁が自刃する直前の佐助とのやりとりに三谷幸喜さん、笑いをぶち込んできました。

信繁:いくつになった?

佐助:55でございます

信繁:・・・・・・・疲れたろう

佐助:全身が痛うございます

信繁:だろうな

これまで使い倒して生きた佐助が自分より年上?って感じの信繁(49歳)の間が最高でした。

裏に隠された意味

55歳、全身が痛い、の裏に隠された意味は、三谷幸喜さんのプロフィールを読めばわかります。

三谷 幸喜(みたに こうき、1961年〈昭和36年〉7月8日 – )は、日本の劇作家、脚本家、演出家、俳優、映画監督。シス・カンパニー所属。

Wikipedia より引用

はい、きたこれ。

三谷幸喜さんは2016年12月現在55歳

にございます。

55歳、全身が痛いは、三谷幸喜さんの心の声ですね~。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする