逃げるは恥だが役に立つ第6話感想とガッキーとキスした星野源という男について

2016年10月12日からドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」が始まりました。漫画を原作としたドラマで、自分を必要としてくれる場所を求めている主人公・森山みくり(新垣結衣さん演じる)が、恋愛経験の無い独身サラリーマン・津崎平匡(星野源さん演じる)と契約結婚をするお話です。

今回は第5話の感想と、2人がピクニックをした公園のロケ地についてまとめておきたいと思います。

【関連記事】逃げるは恥だが役に立つで登場した番組パロディまとめ(随時更新)

スポンサーリンク
レクタングル大広告

 感想

国中に衝撃が走ったラストでした。まさか独身のプロが突然のキスをしかけるとは。

次のページ

逃げ恥第6話のあらすじとみんなの感想!心が一つになるが故に肉体も一つになるのは自然な事♡♡(Hide Diary)

の分析が非常に共感が持てました。

あくまで雇用主と従業員という関係での夫婦だったはずなのに、

契約結婚→恋人のいいとこ取り→ハグをしましょう

という主張を自分から行い、それに優しく仕方なく応えてくれる平匡。そんな平匡の価値観や考え方が分かり自然と惹かれているみくり。平匡に対して次第に「仕方なくの行為」以上の何かを求め始めています。

一方、プロの独身を真面目に一生懸命貫こうとしている平匡は、

みくりが自分と一緒に過ごしてくれているのは契約のため

自分はみくりと恋に落ちる関係になれるはずがない

と自尊感情の低さから鉄壁の守備をほこり、あくまで「契約なので仕方なく」の行動に徹してしまいます。でも、そんなプロ独身を徹する生活をしながらも、みくりのことをたくさん知っている自分に対して喜びを覚えています。

このように2人の気持ちは微妙に食い違いながらも重なり合い、ラストの名シーンが誕生します。キレイにまとめられているtweetを発見したので3連続で引用します。

みくりの気持ち

平匡の気持ち

2人の気持ち

星野源さんの芸能活動

ラストで突然のキスを行った平匡を演じる星野源さんですが、彼自身はプロの独身ではなく少しエロい歌手、俳優、そしてコントもこなすマルチタレントです。

第6話の放送があった11/15の週も、

  • 逃げ恥
  • Mステ
  • 真田丸
  • NHK Life

とプロ独身からは振れ幅の大きい活躍をこなしていました。

ちなみに、星野源さんの生い立ちに関しても最近は話題になっています。ガッキーとキスが人生の大逆転、だそうです。

小ネタですが面白かったのでついでに引用。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする